仕事の同僚に贈るプレゼントならこれ!

仕事の同僚に贈るプレゼントなら、流行りの中に実用性を感じるスマートウォッチを

 

いつも一緒に仕事をする会社の同僚。

 

今まで幾度となく助けられたり、世話になったなんていう経験は誰しもあるはずだと思います。

 

そんな同僚にプレゼントを贈るなら、せっかくなら実用性が高いもの、それに加えて「いつも持ち歩きたくなる」ような流行に乗ったものを選ぶのが良いのでは無いでしょうか。

 

今贈るプレゼントならズバリ「スマートウォッチ」が最適だと思います。

 

特にiPhoneを使っているなら「Apple Watch」を贈ればまず外す事は無いでしょう。

 

時計は非常に便利ですが、仕事で付けていても恥ずかしくないような高級感のある時計は、さすがに値段的に同僚へのプレゼントには不向きです。

 

かと言って安い時計を贈るのも、ハッキリ言って長く愛用してもらう事は無いと思います。

 

その点スマートウォッチであれば2万円もあれば、ある程度見た目も良いものを買う事ができ、機能面でも困る事はありません。

 

特にスマートウォッチを持った事が無い人にとっては、その利便性からも「手放せない逸品」として大切にしてもらえるのでは無いでしょうか。

 

ただ、最近は安価な中国製のスマートウォッチも販売されており、耐久性の面では非常に不安です。

 

「誕生日にもらったプレゼント、壊れちゃった…」なんて事が無いよう、ちゃんと選んだ良いものを贈りましょうね。

同僚女性へのプレゼントにdiptyqueを薦める理由

 

 

同じ職場の女性へのプレゼント。恋人や友人ほどの親しい間柄では無く、あまり安価なものを送るのも気が引ける…微妙に選択が難しく悩むところだと思います。

 

まず以下に「出来れば避けた方が良い」プレゼントの条件を挙げておきます。

 

@サイズ感のあるもの(洋服や靴など)

 

⇒選択が難しく、本人のセンスに合わせる必要がある。

 

Aアクセサリー類

 

⇒好みで無いアクセサリーの場合でも「もらった以上は身に着けないと…」と思われる可能性があり、身に着けない場合お互いに気まずい。

 

B商品券類

 

⇒自分で好きな商品などを購入できる為、もらう側としては嬉しいが「プレゼント」として残る事は無く、贈る側の手抜きに思われがち。

 

では上記に該当しないもので、且つ適している条件として

 

「欲しいとは思っても、自分で買うには少々高い…」という条件を考慮してあげると良いと思います。

 

特にプレゼントとして薦められるのは、部屋のインテリアとしても素敵な「diptyque」の砂時計型ディフューザーです。

 

値段が安く無い(\23,000円前後)為、自分で買う人が少なくどちらかと言えばプレゼント向きの商品であり

 

安価な芳香剤とは異なった本場フランスの優雅な香りに、きっと受け取った人も喜んでくれる事でしょう。

 

衣類やアクセサリーなど、受け取った側の好みであれば非常に喜んでくれる筈ですが…少々リスクが高いのが難点なので

 

極力は避け、くれぐれもプレゼント選びで誤ったチョイスをする事が無いようにして下さいね。

page top